URに住んだよ!メリット・デメリット3選

引っ越し歴8回のうち、UR住まいは、現在で3軒目となるので、経験上から、実際にURに住んでみて良かったこと・悪かったことを書いていきたいと思います。

気ままに団地暮らしも悪くない

団地暮らしって、人付き合いがめんどくさそうだったり、建物が古くて暗いイメージだったり、なんとな~く庶民的なイメージがあったのは、もうひと昔も前の話かと思います。今は一般的なマンションよりサービスが行き届いて便利だったりすることも多いです。
中には、かなりハイスペックで、逆に手が届かないような物件まで出てきています。

私が実際に訪問し、閲覧した物件は、関東・関西の両方で20件近く。
そのうち選んだのは築浅もしくはリニューアルされた物件で、どれもこれも満足しています。


それではメリットの上位3つから。

メリット

1位★民間と比べ、同じ間取りでもかなり広い!

民間なら35㎡で2DKにしてるような間取りもあるが、公団なら1.5倍は広い。
一番のメリットなのに、知らない人には同じ間取りで家賃が高いとか囁かれる。

2位★ゴミ出しが毎日可能!

マンモス団地の場合、専用のごみ清掃業者が掃除してくれて、住人は毎日ゴミを出しても良かった。これは本当に楽ちん~。ビルの清掃も定期的で清潔です。

3位★初期費用も、継続費用も、手間も抑えられ、なんと仕事がなくても借りれる!

礼金・仲介手数料・更新料・保証人ナシ!で住むことができる。極め付けは、一年分の家賃さえ払えば、収入審査も不要なので無職でもOK(笑)私はフリーランスなので、これで助かりました。


ちなみに、家賃10万円の物件に5年間住んだとすると、上記費用や更新料の発生などの差によって、URだと約50万円の経費が抑えられる計算となるようです。参考文献:スーモ


デメリット

1位★団地の宿命?お店や病院は近くに必要最低限しかないことが多い(場所による)

住宅街だから仕方ないけど。またスーパーの閉店時間も割と早い。

2位★管理事務所はあれど、責任の所在はたらい回し。

事務所は受付だけと思った方が良い。管理が細かく分離しているためと思われる。

3位★外人が大勢で住んでいる部屋があるっぽい。

もしお隣が中華で団体さまだったらと想像すると・・・!?

Rebatesお友達紹介キャンペーン
あちこちでポイントが溜まる!?

最後のデメリットは、メリットの3位でもある保証人不要のシステムが招いた結果でしょう。確かに、団地内で各国の人々を見かけます。んまぁ隣人トラブルというのは、日本人同士でも起こり得ることですしね。私は今のところ、トラブルに巻き込まれたことありません。逆に民間で、近くに住む大家さんが分別ごみをチェックしていたなどで気を使うこともあったので、今の方が自由で楽だなと感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 団地・アパート暮らしへ
にほんブログ村

今春またURお友達キャンペーンで紹介カードを貰えれば1万円のクオカード貰えます!
詳しい記事はこちら。URお友達紹介キャンペーン

2 件のコメント :

  1. 返信
    1. コメントありがとうございます!
      少子高齢化が随分前から取り上げられる中でのタワーマンションの乱立。

      近未来は空き家問題が必須となる現実の中で、URは様々なキャンペーンで対策を練っている将来有望な企業なのでは?と実は思っております!

      削除